2019年02月07日

ヤエヤマボタル

12月から気温の高い日が続き、また雨や曇りと、湿度の高い日々が続いていたため、
「もしや出てきているかもしれない。」と山へホタルの出現状況を確認に行きました。
例年では3月末ですが、山へ行くと蛍が出てくるのにはもってこいの気温と湿度です。
足元では多くのカエルや虫の大合唱、頭上ではアオバズクやコノハズクが鳴き交っています。
ホタル観賞をしていた時以上に鳴いています。
期待をしながら森の中の生き物の息遣いに心を和ませていました。
流石に2月。幼虫の光は見られますが、飛んでくるものはいません。
やはり早いか、そうおもって帰りかけたころ、なんと1匹、飛んでいるではありませんか。
でも1匹。逆に「今出てきてどうするの?子孫を残す前に終わってしまうのではないか?」
「運よくおかしなメスでもいないとだめだね。」そんな風に思ってしまいました。
更にもう1匹、点滅しながら飛ぶ姿も見られましたがやはり早すぎました。
また様子を見に行ってきます。今年は少し早くからツアーを開催できそうです。

石垣島で遊ぶなら
携帯・スマートフォンはこちら
qrcode2.jpg
posted by スタッフ ツルタ at 15:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする