2019年11月27日

一時の隙間

DSC00012 (2).JPG
夕方、一時だけ雲に隙間ができ、太陽が顔をのぞかせました。
ちょうどサンセットの時間帯です。
オレンジ色の光が丸くそこから見えました。
慌てて撮影です。
でも雲の流れが速く、太陽がすぐに下がってしまうため
いい写真は撮れませんでした。
でも、その雰囲気は分かるかしら。
私の大好きな濃いめのオレンジ色、ほんの数分、室内がその色に
染まりました。
瞬く間に消え、暗くどんよりとした夕刻に戻りました。

石垣島で遊ぶなら・・フィールドネイチャー石垣島
スマートフォン・携帯サイトは・・こちら
qrcode1.gif

2019年11月26日

家の外

今日も朝からしとしとと雨が降り続いています。
気温が少し下がり、寒い感じです。
でもそんな中カメラを片手に少し散歩です。
外は色とりどりの様々な花が咲いています。
自然に自生しているものから、家の前に植えられているもの、
畑に植えられているものなど様々です。
いつも花の絶えることのない石垣島、窓から見える景色は
どんよりとしていても花々の色はそこに光を差し込んでくれます。
いいものですね。どんよりとした日にも散歩もいいものですね。
センニチコウ.jpg

石垣島で遊ぶなら・・フィールドネイチャー石垣島
スマートフォン・携帯サイトは・・こちら
qrcode1.gif

2019年11月25日

クロツラヘラサギ何処へ

先日、クロツラヘラサギの記事を目にして、ふと思いました。
そういえばここ数年、姿を見ていません。
どこに行ってしまったのだろうか。石垣島には来ているのだろうか。
渡り鳥なのでいつもいるわけではありませんが、
5〜6年くらい前までは毎年、数羽、カヌーを行う川や
すぐ近くの他の川の水位が低く、干潟が現れるとそこへ来ていました。
ヘラのようになった嘴、黒い面をしたさぎ。独特なくちばしをしていて
そのヘラのような嘴を左右に動かしながら干潟にいる小さな獲物を
食しているためすぐにそれだとわかります。
でもその記事を見るまで、すっかり私の中から消えていました。
その記事には、人の残した、釣り竿の針が足に刺さったり、糸が絡まったり、
そして川の開発等により数を減らしているとありました。
確かにそうだろう。カヌーをしているとあちこちの木の枝に残されている釣り糸や針。
正直怖いです。
そして水位の低い時間帯に、干潟が現れる時間帯にカヌーを行う業者が増えていることが
私の頭の中によぎりました。
それらが数を減らしているのではないかと思いました。
人がいたら降りてきませんからね。
またあの川でクロツラヘラサギの姿を見ることがあるのでしょうか。

石垣島で遊ぶなら・・フィールドネイチャー石垣島
スマートフォン・携帯サイトは・・こちら
qrcode1.gif