2021年03月02日

カニステル再度食す

何年か前に初めてカニステルを食べた時、「ゆで卵の黄身の様なほくほく感です」
と教えられて食べました。
皮をむくと中からほくほく感のまさにゆで卵の黄身のような感じものもがで出てきました。
何人かで食べたその時の感想、一様に「あんまりおいしくないね」
Skanisuteru.jpg
美味しくない記憶がしっかり残っているカニステル。でも数年ぶりに食べました。
今度は完熟状態で。「追熟すると皮が裂けてきます。」を合図に。
ふと触ると柔らかくなっていて、裂けていて皮がするりと剥けました。
南国のフルーツというような香りがとても弱いですが感じられます。
でも果物らしさの水分、水気は全くなく、やはりゆで卵の黄身でほんのり甘みが
ありました。
「熟れればおいしいではないか。」また食べたくなってしまいました。
中には大きな種が2つ入っています。

石垣島で遊ぶなら・・フィールドネイチャー石垣島
qrcode1.gif
posted by スタッフ ツルタ at 14:13| Comment(0) | 石垣島の植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする