2021年03月07日

ナナホシキンカメムシ

今日は雨。先日の晴れた日、太陽の光を受けて輝きながら飛んでいる
ものがありました。「なんだろう」昆虫だとは思ったもののなんだか
分かりませんが、とにかく、光沢をもった緑色。ピカリ。と目に突き刺さるような
光り方です。まるでモルフォチョウの昆虫版のようです。
近くの葉の上に止まってくれました。
ナナホシキンカメムシでした。道理で美しいこと。
Skinkame (2).jpg

Skinkame (1).jpg
このカメムシ、名前を知っていたのでどこにでも生息しているのかと思いきや、
日本では沖縄にしかいないということです。
輝く緑色の背は角度に(光の当たり具合に)よっては青色にも見えます。
そして真っ赤な足。手で捕まえてもカメムシらしさの悪臭はありません。
「ナナホシ」というけれども、黒い斑点は7つ以上ありました。

石垣島で遊ぶなら・・フィールドネイチャー石垣島
qrcode1.gif
posted by スタッフ ツルタ at 14:52| Comment(0) | 石垣島の生物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月03日

オキナワアズチグモ

今日もひたすら黙々と歩き続けました。いい天気です。
時折、何とも言えない、牛たちの匂いを嗅ぎながら広大な景色を眺めながら
進みました。
帰り道、畑作業をしていた知り合いの島のおじいから立派な春菊をいただきました。
その中に、何とも可愛らしい、5mmほどの淡く透き通るような緑色をした
お尻?胴体?がとても大きい蜘蛛がいました。
小さすぎてよくわかりませんが、見たことのない蜘蛛です。
マクロレンズで撮影してもらいました。
アップで見たらETを思い出しました。
この蜘蛛はオキナワアズチグモで、小さい割にとても大きな獲物を捕獲するようです。
azuchi1b - コピー.jpg

石垣島で遊ぶなら・・フィールドネイチャー石垣島
qrcode1.gif
posted by スタッフ ツルタ at 17:58| Comment(0) | 石垣島の生物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月03日

冬パイン

夏の時期のパイナップル。様々な種類のパイナップルが石垣島では
作られ、販売されています。
先日、ドライブ中、パイナップル畑の横を通ると、あの細長く、とげとげの葉の
真ん中に小さな小さな実が付いていることに気づきました。
なんでこんな時期に?
今年の11月がとても暑かったため、くるっているの?
などと思いながら、写真撮影。
Spain.jpg
手持ちの本で調べると、夏実の他、冬実、11月から3月、も結実期と載っていました。
ということは、くるっているわけではなく、今まで気が付かなかっただけで
石垣島では冬パインを生産している農家もあったということなのですね。
まだまだ小さいので2月、3月くらいになると食べられるのかしら?

石垣島で遊ぶなら・・フィールドネイチャー石垣島
qrcode1.gif
posted by スタッフ ツルタ at 15:13| Comment(0) | 石垣島の生物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする